JAPANESE ENGLISH
ウェブ全体から INTERSTYLEから
 COLUMN

skate columnSNOW COLUMN 2008/10/8

COLUMN INDEX

田中 幸(たなかさち)
滋賀県湖南市出身。シゲちゃんとはスノーバ羽島つながりっ!
先シーズン人生最大の大怪我をし、2ヶ月の入院生活を送る。
コラムはその入院中に書いたリアルなもの。
海外へと活動を広げた最中での怪我。
挫折・不安の時間を過ごし、乗り越え、今シーズンの復帰に全力をかけるっ!
田中サチらしいスノーボードの道っっ!!そして、これから・・・
happy life田中サチブログ:http://tanakasachi.seesaa.net/
1回目 2008/10/8 『Happy Life 〜入院中〜No,1』
2回目 2008/10/22 『Happy Life 〜入院中〜No,2』
3回目 2008/11/5 『スノーボードライフへの転機』
4回目 2008/11/19 『もう一つのスタートっ』

『Happy Life 〜入院中〜 No,1』



この鮮明な記憶と、気持ちを忘れない為に リアルな気持ちを書くことにした。
病院での入院生活がもうじき終わる。
そこから待ってるのは、長い長い復帰に向けてのリハビリと、トレーニングの生活。

それでも私は、毎日大きかったり小さかったり幸せを感じて
過ごしてる。

自分の人生「HAPPY LIFE」

私はHAPPY LIFEを探し続ける為に、今この瞬間を生きてると思う。

2008年2月28日。脊髄損傷。頚椎脱臼骨折。肋骨骨折。
生まれて初めて自分の体にメスを入れた。
初めての手術。
そして、初めて自分の体の一部分の機能を失うかもしれない恐怖と絶望感を感じる一日が訪れた。

そして、もう一つ。

スノーボードが自分の生活から消えてしまう怖さも・・・。


4姉妹の次女に生まれた私は、年子の姉へのライバル心が強かった。
両親がボートのシングルスカルという種目で元・日本代表選手であった事もあって
根っからのアスリート家系。

小学校低学年は、活発な姉とは違い、
人見知りでおとなしくて、人前に出ると大きな声が出せないのがコンプレックスだった。
先生に「もう少し大きな声で話しましょう。」
同級生からは「声が小さくて聞こえませんでした」と言われた。

『サチは人前に出ると大きな声がでない病気やねん。。。』

本気でそう思ってたから、友達には「内緒やで」って言いながら話した事を覚えてる。
頭も良い方ではなかった。
「ものさし」と「時計」が読めなくて夏休みの特別教室「算数教室」には必ず選ばれていた。

そんなコンプレックスだらけな低学年、毎日「明日は、いっぱい喋れる一日にしようっ」と想った。
クラスの人気者で明るい女の子がいて、そのコになりたいっていつも想ってた。
自分の事が好きになれなかった。

小学校の中学年の頃に変化が訪れてきた。
ただ、体育が得意だった。
それだけで、自分の性格が変化していった。
自分が注目される「場所」、自分の表現方法、それが「スポーツ」だと確信した。

自信もついて色んな事に熱中した。
7年間習い続けたピアノは、あっけなく辞め(もともとやる気がなかったから伸びるわけがなかった)
水泳、バレー、長距離走が大好きだった。

それでも、そんな私の上をいく「姉」という存在。
中学校でも「姉」を追って同じ陸上部に入った。
成績で抜くどころか、学級委員、委員長、キャプテン、
姉は輝いていて、どこかで劣等感を常に感じていた。

「何か勝てるものは。。。」いつもチャンスを伺ってた。

そんな姉はモチロン、モテた(笑)。
家にかかってくる男の子からの電話はいつも姉あてだった。
(当時は携帯もポケベルも持たせてもらえなかった)
たまに、間違えられて話す人には、そのまま姉になりすました時もあった(笑)。

高校も姉と同じ高校で部活も同じ。ボート部。
姉は、すでにボートでも良いポジションに君臨してた。

シングルススカル(一人乗り)。

両親の影響もあり小学校からボート経験があった私は、1年生で3年生の先輩の船に乗って大会に出た。
いきなりの3位入賞。
全国高校選抜大会3年連続優勝・国体2年連続準優勝。
姉よりも 成績がよい時もあった。
ただ私は漕ぎ手ではなくCOX(指示だし)として・・・。

大会に勝つ事は嬉しかった。
ただ、第三者的な気持ちでしか感動できない日もあった。
「漕ぎたい」。。。

同級生達は漕ぎ手として、どんどん体力をつけていく中、
私は 船に乗っているだけ。。。
COXというポジションに満足していないわけではなかった。 
やりがいもあったし、日本一のCOXとして一般企業からオファーもあった。
商業高校に通った私は、自分のやりたい仕事、進路もまだわからなかった。
ただ、わかっていた事は「ボートで、漕ぎ手として姉に挑戦したいっ」という事だけだった。



snow column田中 幸(たなかさち)
1回目 2008/10/8 『Happy Life 〜入院中〜No,1』
2回目 2008/10/22 『Happy Life 〜入院中〜No,2』
3回目 2008/11/5 『スノーボードライフへの転機』
4回目 2008/11/19 『もう一つのスタートっ』
COLUMN INDEX
最新NEWSはこちらから
COLUMN INDEXはこちらから
SURF COLUMN SURF COLUMN
SKATE COLUMN SKATE COLUMN
SNOW COLUMN SNOW COLUMN
メルマガ配信登録はコチラから
INTERSTYLEmagazine無料掲載ガイド
USNet
 
 
サイトマップFAQ会社概要(主催運営)リンクについてプライバシーポリシー
Copy right © INTERSTYLE Co.,Ltd All Rights Reserved.
Exhibitors Report INTERSTYLE magazine お問合せ INTERSTYLE トップページ