JAPANESE ENGLISH
ウェブ全体から INTERSTYLEから
 COLUMN
skate columnSKATE COLUMN 2010/4/21  
FOS
本名はマーク・フォスター
出身はイギリスの北部で、今はロンドンが生活の拠点。
Heroin SkateboardsとLandscape Skateboardsの運営と、
Altamont Clothingのアート・ディレクションを手がける。
1回目 2010/4/21 『Lost in Transition』
2回目 2010/5/19 『CREATING A SCENE -シーンの創造-』
3回目 2010/6/2 『6枚のスケッチ』
4回目 2010/7/7 『外国から見た日本』

『Lost in Transition』


こんにちは、先ずは簡単に自己紹介。
本名はマーク・フォスター、みんなには“フォズ(FOS)”と呼ばれています。
出身はイギリスの北部で、今はロンドンが生活の拠点。
Heroin SkateboardsとLandscape Skateboardsの運営と、
Altamont Clothingのアート・ディレクションを手がけています。
その他にもBaker、 Deathwish、Emericaなどのデザインをフリーランスでやらせてもらっています。


定期的に日本へ足を運ぶようにしてきたこの10年、
そこで間の当たりにしてきたのは、日本のスケート・シーンが大きく変化しているという事実。
今の日本のスケート・シーンが如何に素晴らしいかというコトを皆にお伝えできればと思います。


共通点が多い“日本とイギリス”
共に島国であり、日本は4つの島から、イギリスは4つの小国から成り、豊かな文化を保有する両国。

この10年の間でBlueprintやDeath、Heroin、Landscapeなどのチームによって
着々と成長してたイギリスのスケート・シーン。
ようやく自国ブランドが積極的にサポートされるようになったものの、
10年前ではアメリカ以外のブランドのギアは全く売れなかった。
それが今では、イギリスのスケートパークで滑っているキッズ達の70%が
UKブランドのデッキに乗っています。

徐々にではあるけど日本でも同じコトが起きている。
日本のスケーターが誇りを持って日本発のブランドをサポートしていく姿に期待を寄せたいです。
力強い原動力になるのは、ここ数年、日本のスケート・シーンを世界に発信し、
世界レベルで評価されているモリタ(森田貴宏)のFESNのビデオ。
さらに上野伸平(Lenz)や南勝己(NightProwler)、ハマジとマツオ(Infection)、中村ユキ(中村晋久)等など
多くのビデオ・クリエイターの活躍によって日本のスケート・シーンの評価は高まっている。

ネット現象にもなったGOU MIYAGI(宮城豪)(FESNのモリタのOverground Broadcasting)の影響もあって、
日本のスケーターの知名度はアメリカやヨーロッパでも確実に上がっている。
個人的にはZarparを観て以来、デシ(大本芳大)の滑りを気に入っているけど、
ヒサシ(中村久史)やダイキ(細田大起)、マル(丸山晋太郎)なども世界的に評価は高い。
自身のDVD“Live from Antarctica”で紹介したOsaka Daggersについても述べておきたい。
ありがたい事に、このビデオ・パートも世界中のスケーターに観てもらうことが出来て、
オリジナリティー溢れるスタイルが新鮮だという感想をたくさんの人達からもらった。
自分としては、Heroinを運営する以上、
彼等の様なスケーターが日本に存在しているコトを知ってもらいたいという気持があり、
チョッパー、ハマジ、タマゴ、コテツ等のライダーをサポートし、
彼等のビデオ・パートを作っては世界に発信し続けたいと考えている。
アメリカのチームの様に
“インターナショナル・フロー・チーム”という押し出し方ではなく、
Heroinでは全員が正規ライダーとしてチームを構成している。

日本に滞在していた先月、
幸運にも高田君のOldtownボウル(淡路島)とFelem(茨城)で滑らせてもらうことができた。
シーンに大きな影響を与えるこの様なセクションやパークが、スケーターによって作られ、
運営されているコトに大きな衝撃を受けたのは言うまでもなく、
これでもか!と言わんばかりのエネルギーをスケートボードに注ぐ彼等の様なスケーターが
存在してくれているコトにめちゃくちゃ感動した!

これまでにないくらい素晴らしい今の日本のスケート・シーン。
日本からエキサイティングなスケーターやビデオ、
ブランド(Magical Mosh Misfits、Colorcode、Whatever、ExpressionClothing等)が
どんどん誕生しているコトに日本のスケーターが気付き、
誇りに思ってほしいというのが自分の思いです。



skate columnFOS
1回目 2010/4/21 『Lost in Transition』
2回目 2010/5/19 『CREATING A SCENE -シーンの創造-』
3回目 2010/6/2 『6枚のスケッチ』
4回目 2010/7/7 『外国から見た日本』
COLUMN INDEX
最新NEWSはこちらから
COLUMN INDEXはこちらから
SURF COLUMN SURF COLUMN
SKATE COLUMN SKATE COLUMN
SNOW COLUMN SNOW COLUMN
メルマガ配信登録はコチラから
INTERSTYLEmagazine無料掲載ガイド
USNet
 
 
サイトマップFAQ会社概要(主催運営)リンクについてプライバシーポリシー
Copy right © INTERSTYLE Co.,Ltd All Rights Reserved.
Exhibitors Report INTERSTYLE magazine お問合せ INTERSTYLE トップページ