JAPANESE ENGLISH
ウェブ全体から INTERSTYLEから
 COLUMN
skate columnSKATE COLUMN 2010/2/15  
チョッパー
本名:中村泰一郎、大阪在住の今月37歳(1973/2/28)
スポンサー:スポタカ
イギリスのHEROIN SKATEBOARDS からは、自身のシグネーチャーデッキもリリース。
G-SHOCK
WHEVは、自身や身近な友人達の総合サイト。
WHATEVERを1995年頃から運営し、COLORCODEのフロントマンもつとめる。
CHOPPER-TUBE:http://www.youtube.com/user/chopperosakajapan
(これらのサイトには、恐らく世界初の面白トリック動画等もあったりするので、技術よりも独創性重視の人は是非チェック!!)
1回目 2010/2/15 『奇人×変人、世紀のコラボレーション』
2回目 2010/3/3 『リアルジャパニーズオリジナル』
3回目 2010/3/17 『コロンブスの卵』
4回目 2010/4/7 『グローバルスタンダード』

『奇人×変人、世紀のコラボレーション』


早速、本題を進めようかと思いますが、
無理にあまり堅苦しい表現をしようとすると、
無駄な時間を費やしてしまう割には、言いたい事がちゃんと伝わらない、
というありがちな本末転倒に陥ってしまいますので、
実は単に国語力の無さを「砕けた表現」と言い換え、
挙句に同じく、
「計算された物よりも、感覚で突き進み創り上げられた物の方が純粋で高品質」という
思い込みを自身に科し、テーマや起承転結すら考えずに進めて行きたいと思います。
(もし結果が本当に意味不明になってしまった場合、
10年先のアブストラクトアートを垣間見たのだとでも解釈して頂ければ幸いです。)

まず、前回の “ククノチ”代表のウルムス氏からバトンを預けられた経緯としては、
彼が国内でディストロビューションを手がける、
イギリス発信のスケートボードカンパニー“LANDSCAPE”からはゲストシグネーチャーデッキ、
I-PATH”からもシグネーチャーシューズを出し、
COLORCODE”ではチームメイトでもある大阪在住の細田大起がタイミングよく話を繋いでくれた。

そんな人と人の繋がりなんかを感慨深く考えるのもいいが、違った視点で俺が思うに
スケーターというのは、一般的なメジャースポーツをやっている人に比べ、
見た目こそは普通であっても、
内在している要素が奇人や変人で面白い奴が多いのかもしれないと常日頃思っている。
が、そうするとそういう奴らが集まれば、
必然的に関係性としては、
「奇人×変人、世紀のコラボレーション」と、
それを望まずして、二乗関数の様にその相乗効果は時に一種、神がかり的でさえあり、
我々人類が意図的に操作できない世界観やバイブス、新たなネットワークなどを創出した瞬間を
目の当たりにする事がある。
俗に言う「神の悪戯」とでも言う所か。
しかし、俺の言う神がかり的と言うのは、
別に「何十段の丸レールで、フリップバックテールからフリップアウトした!!」とか、
一見、偶然にも見えかねない実は努力に伴った必然とは本質的に違い、そんな意味ではない。
それは一般的な認知としては、誰も気がつく様なレベルではない、日常すぎる日常に転がっている。

話を戻し、例えば説明すると、細田大起という男と俺との関係性自体も面白い、と俺は常々感じている。
というのも、大起とは流れやタイミングによっては、プライベートで会う事が週3〜4回あったりもする。
他の友人たちと比べると割と多いほうであろう、というか、俺の中の頻繁に会う人ベスト5には入っている。
に関わらず何が面白いかというと、俺と彼はほとんど一緒にスケートボードをしないのである。
これが、スケートボードを片手間にやっている友人同士なら話は分かるが、
お互い、自身のシグネーチャーデッキを出している正真正銘のスケートボーダー同士で、
プライベートでこんなに頻繁に会っているに関わらず、
恐らく去年などは偶然スポットで会うのは別として、
一緒に滑ったのは一年の内で5回も無かったかもしれない。
ある意味、奇跡的と捉えても過言ではないのではないだろうか。
普通に考えて、
常にコミュニケーションを図っている同じ地元のスケーター同士が、
全く意図せず自然体で、一年に5回も一緒に滑らないなんて、どう考えても出来すぎていて変である。
間違いなくお互いに変態オーラがひしひしと出ている気がする。
異論はあるだろうが、
無理やり逆説的に言えば、
全く知らないローカルの見ず知らずのスケーターと、
行く先々何時どこに行こうが、絶対にことごとく出くわしてしまうが、
一度挨拶のタイミングを逃してしまい、その後も絶対に会ってしまうが、
「もうここまで来たからには絶対に挨拶しない、挨拶したら負けだ!!」と考えてしまう様な変態的思考は
双方の持つ根本的な変人的要素がもたらした変態的な関係性だと思うのである。
勿論、それは性的関係性で変態的という様な事とは毛頭意味合いは違うのだが、
ある意味それ以上に特異な関係性なのではないだろうかと思う。
???、と意味がピンとこなかった人には、次の例えではどうだろう。
それこそ仮に、異性と(同性でも良いが)行為に及んでいる最中だとしよう。
お互い最頂点寸前なのだが、少しパートナーの様子がおかしいので、
お互い行為は続行したままで止めずに、
「どうかした?」と聞いたら
「背中かゆいから、かいてくれへん!!」と言われたに関わらず、
お互いテンションが下がるでもなく、
まるで日常、空気の存在をいちいち知覚する事が無いかの如く、パートナーの背中をかいてあげながら、
そのまま最頂点に達したとしたら、
これは性的関係性以上に変態的関係性と言えるのではないだろうか。
えっ、余計に意味わかりにくくなった?、ごめんなさい。
でも、とにもかくにもそういう事なのであり、
その様な例えが、俺の思うスケートボーダーの持つ独自の個性を表明した表現なのである。

そんな下世話(下品だとは思っていない)な話を終わらすどころか、軽くフェイキーさせ話をもどし考える。
やはり世界は広い。
先ほど挙げた話を思い出しつつ、うっかりボーっと考え事をしていると、
知らずの内に自身の妄想癖にスイッチが入っている。
どういう事かというと、
「ってことは、俺と大起はたまたま性的な結びつきがなかったけど、
海外にはゲイの人とかも多いし、
勿論スケーターでゲイのカップルもたくさんおるやろから・・・」と考えたりするまでは、
ぎりぎりセーフかも知れないが、
ここでさらにスイッチを切らなくてはいけない事に気がつけずに、
うっかり次の段階に至ってしまうと、
「ってことは〜、トラックはあんな風に使うんやろうけど、デッキテープはさすがに反則やな!!、
俺やったっら絶対むりやわ〜」とか、
「ウィールはほんまに無理、ばい菌が入って病気なるわ〜」とか
「じゃあ、わざとハンドレールをミスって思いっきり股間を殴打して喜んでる変態も絶対おるやん!!」とか、
ありもしない方向にどんどんつき進んでしまう。

俺の言わんとせん事を理解して貰えているかどうかは分からないが、
あまりにも脱線しそうなので、一旦話をまともな方向に戻し、別の友人で個性的なスケーターの話をしよう。
彼は数々の伝説を持っているのだが、
現在は恐らくスケートも止めてしまい、連絡も取れないのでY君としよう。
俺は全く道の分からない彼の地元で、彼の家から滑る為に二人で公園に向かっていた時の事だ。
状況としては、彼の自転車を二人乗りで俺が前でこいでいた。
先ほど述べた様に、俺は道が分からない。
話に夢中だった為、突き当りのT字路に差し掛かるギリギリ寸前で俺は
「次、どっち?(左右どちらに曲がるの)」と言った所、
いきなりだったためY君も焦る間すら無く、
とっさに「2〜!!」と叫んだ。
その刹那、俺も考える間も無く2の方に曲がり、
合わせて3秒も経たないうちに会話は元に戻った。
どうやら彼の2の方向は、俺の2の方向と同じだったようである。
偶然なのか、単に現在の科学で割り切れない何かが存在するのかは、今の俺には解らない。
とにかく、そのままお互い何も気がつく事無く公園に行きスケートをし、
一日を過ごした夜に家で1人でその事を思い出し、
ハッと気がつき思い出し笑いをしたのだが、
後日、俺がその事を言うまではY君はその事に全く気がついていなかったようである。

大半の人にはピンと来なかったかもしれませんが、
俺としては、電車の車内で、
こち亀を読んでいて耐えきれずに「グフッ!!」となって咳をしているふりしてごまかすような人が、
1人でもいれば俺の勝ちだと思っています。

と言っても、次回も同じネタを続ける保障はありませんが、
そろそろワード数いっぱいなので今回はこの辺で。

と言う事で、第一回はスケーターには奇人・変人、
とにもかくにも本質的に面白い奴が多く、見えない所で引き寄せあったり、
または反発(悪い意味ではなくて)しあったりしている奴が多いのではないか、という話でした。
では、また次回。

See you next time!!



skate columnチョッパー
1回目 2010/2/15 『奇人×変人、世紀のコラボレーション』
2回目 2010/3/3 『リアルジャパニーズオリジナル』
3回目 2010/3/17 『コロンブスの卵』
4回目 2010/4/7 『グローバルスタンダード』
COLUMN INDEX
最新NEWSはこちらから
COLUMN INDEXはこちらから
SURF COLUMN SURF COLUMN
SKATE COLUMN SKATE COLUMN
SNOW COLUMN SNOW COLUMN
メルマガ配信登録はコチラから
INTERSTYLEmagazine無料掲載ガイド
USNet
 
 
サイトマップFAQ会社概要(主催運営)リンクについてプライバシーポリシー
Copy right © INTERSTYLE Co.,Ltd All Rights Reserved.
Exhibitors Report INTERSTYLE magazine お問合せ INTERSTYLE トップページ