JAPANESE ENGLISH
ウェブ全体から INTERSTYLEから
 COLUMN

snow columnSNOW COLUMN 2017/4/5

COLUMN INDEX

小林敏邦
1953年3月11日 北海道雨竜郡雨竜町と言う雪国の片田舎で生まれる。
現在は 長野県上田市にあるスノーボードショップ サンライズヒルの店長。
2000年から スプリットボードに興味を持ち、17年間かたくなにスプリットボードを使い続けてる。たまたま6〜7年前から スプリットボードを使う人が増え始め、少しだけスプリットボードのこと知っている関係で、ちょっとチヤホヤされ、調子に乗ってる64才のおじさん。
一緒に山で遊んで貰える友達を常に募集中。『来る物拒まず去る者追わず』
バックカントリーではピーカンパウダーを当ててると自惚れている。『山は行ってみないとわからない』と、いつも言ってる。
こんな感じのおじさんですが、もう少しみんなと一緒に山遊びをしようと思ってる。
HP:http://www.sunrisehill.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/toshikunik
Twitter:https://twitter.com/cha1ma1
1回目 2017/4/5 『自己紹介やら』
2回目 2017/4/19  
3回目 2017/5/17  
4回目 2017/6/7  

『自己紹介やら』


このコラムはバックカントリースノーボードガイド・登山ガイドの松本省二君から、軽い気持ちで引き継いだけど、何を書いたら良いのか・・・4回も書くらしい。
まぁ色々悩んでも大したことは書けないけど、読みたい人だけ読んでもらえばOKかと。

1回目のコラムは自己紹介やら諸々

故郷の北海道雨竜郡雨竜町は暑寒別岳の麓で、自然豊と言うか自然しか無いところで、冬の唯一の遊び道具であるスキーでは、小学校の頃から裏山でバックカントリーをしていた。と言うのも、近くにリフトのあるスキー場が無く、自分で登るしか無かっただけのことでもある。北海道の田舎と言うのは隣の家まで1km近く離れてるので、遊ぶのも一人が多く裏山に登るのもソロ、まぁそんなに斜度も無いので雪崩れる心配もなかったのだろう。
両親は農業をしていたので、夏は手伝いが多く遊ぶ時間は少ない、夏に1年分働き、冬に1年分遊ぶ、そんな家庭環境で育った。そんな育ち方をしたからか、仕事も遊びも中途半端は嫌いな性格で、自分の限界までとことんやってしまうのだけど、とっても疲れて辛い時もあって、そろそろ程々にしようかと思うときもある。
でも、たぶんこの中途半端が嫌いな性格とは、一生付き合うような気もする。

そんな自分がスノーボードに手を出したきっかけはとても単純で、たまたまスキー場でスノーボーダーを見た時に、とても楽しそうに見えたから。

当時、感じたことはスキーはスポーツ要素が強くて滑り方とか色々言う人もいて、スノーボードは自由で遊び全開な感じに見えた。スキーが上手に滑れなかったと言うのも事実だけど、遊び大好き人間は、そのままスノーボードショップへ行って一式購入、次の日はスキー場でスノーボーダーになっていたのが25年前(1992年)30代最後の年。

初めはゲレンデだけで満足していたけど、慣れてくるとスキーより深雪が楽に滑れるので、端パウで遊ぶようになり、圧雪してないスキー場へ行くようになり、滑禁もするようになり、スノーシューを持って春の乗鞍や立山へ行くようになった。そんな遊び方をしている時にBurtonのレイトモデルスプリットボードに出会い、今に繋がる。

ちなみにスノーボードショップを始めたのは22年前(1995年)で、当時はバイクショップの責任者をしていて、冬場の閑散期対策と考え、自分が熱中していたスノーボードの店を始めた。
1995年頃のスノーボード業界は、今では考えられない売り手市場で、仕入れたくてもメーカーが取引を断ってくる、そして広告を出したくても、雑誌社が枠が無いと断ってくる。
今では考えられない、笑い話のような業界だった。そんな業界に手を出して、人気のある商品を調達するには、アメリカ西海岸で買い付けをする以外に方法は無く、毎年8月末から1ヶ月ぐらいは、PCHを走り回る海外旅行をさせてもらっていた。いわゆるグレーマーケット?平行輸入って奴?、そんな状態が3〜4年続いたであろうか、少しずつ国内メーカー代理店とも取引させてもらえるようになり、残念ながら海外旅行は出来なくなった。

初めてのスプリットボードとの出合いは、やっと取引の出来るようになったBurtonから2000年秋にレイトモデルとしてSPL166(だったっけ?) がリリースされた時。
当時は何も分からず、普通のスノーボードだと思ってボードだけ注文した。注文用紙の中にはCramponとかSkinと書いてあったが、それは何?・・・って言う感じでオーダーはしなかった。ボードが納品され、現物を見てから普通のスノーボードで無いことに気づいた。当時パソコン関係ではWindows98のリリース後で、インターネットも普及した時だったので、ネットで色々調べまくったけど、それでも今ほど情報も無く、よく解らないままディスプレイされていた。
そのシーズンにディブダウニングが来日してレクチャーを受け、やっと理解しデビューとなったが、フィールドでは変なボードを持ってるこの人はなに?状態であった。それでもあれこれ試しながら白馬、立山、富士山、乗鞍とスプリットボードを使い続けた。
翌シーズン今度はクレイグケリーが来日し、八甲田でレクチャーを受けた、憧れのクレイグとのセッションで舞い上がり、登り返しでシールを貼ってるとき、クレイグから一言『リバース』と言われたのを鮮明に覚えている。
スプリットボードとの出合いはこんな感じだった。




snow column小林敏邦
1回目 2017/4/5 『自己紹介やら』
2回目 2017/4/19  
3回目 2017/5/17  
4回目 2017/6/7  
COLUMN INDEX

2017/4/5 配信magazine

INTERSTYLE movie インタースタイル
(2018年2月展)
次回開催のお知らせ
JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2017 ELEMENT
- MAKE IT COUNT
JAPAN 2017 -
VOLCOM VOLCOM x NOZAKA x
USUGROWコレクション
リリース&アートショー
SlapSee ニュージーランド発
ユニークなサングラス
「SlapSee」日本初上陸!
TIZZNOWAPRO TIZZNOWAPRO 2017
「TIZZ Skateboard Shop
4th Anniversary Party」
年に1度の鉄腕X-PARKの
無料開放&フェスティバル
”X-JAM”
Surf Column Surf Column
越後将平
『興味や流行り』
Skate Column Skate Column
早川大輔
『Skate in Los Angeles』
Snow Column Snow Column
小林敏邦
『自己紹介やら』
最新号はこちらから
2017/4/5発行
2017/3/15発行
2017/3/1発行
2017/2/13発行
2017/2/8発行
COLUMN INDEX
 以前のコラムはこちらからご覧ください
SURF COLUMNSURF COLUMN
越後将平NEW
2017/4/5 興味や流行り
2017/3/15 サーフボードについて
2017/3/1 寒冷地について
2017/2/13 環境
Akira JET Nakaura 2/8 2/1 1/18 1/6
岡島宏盛 12/21 12/7 11/15 11/2
藤村篤 10/5 9/21 9/7 8/17
岡崎友子 8/3 7/20 6/15 6/1
TAMAO 5/18 4/20 4/6 3/16
Kuni Takanami 3/2 2/15 2/10 2/3
SKATE COLUMN SKATE COLUMN
早川大輔NEW
2017/4/5 Skate in Los Angeles
2017/3/15 Skate in Jakarta
Mike Rogers 2017/2/1
Ulysses Juarez 2017/1/18
Sam Worman 2017/1/6 2016/12/21
Kyoko Sugimoto Hicks
12/7 11/15 11/2 10/19
関口明宏 10/5 9/21 9/7 8/17
小澤正道 8/3 7/20 7/6 6/15
冨田誠 6/1 5/18 4/20 3/16
AKI AKIYAMA 3/2 2/15 2/10 2/3
SNOW COLUMN SNOW COLUMN
小林敏邦NEW
2017/4/5 自己紹介やら
松本省二 3/15 3/1 2/13 2/8
保坂亮馬 2/1 1/18 1/6 12/21
金原隆 12/7 11/15 11/2 10/19
田辺竜太 10/5 9/21 9/7 8/17
加藤健次 8/3 7/20 7/6 6/15
JT 6/1 5/18 4/20 4/6
川井龍二 3/16 3/2 2/15 2/10
COLUMN INDEX
以前のコラムはこちらからご覧ください
メルマガ配信登録はコチラから
INTERSTYLEmagazine無料掲載ガイド
USNet
 
 
サイトマップFAQ会社概要(主催運営)リンクについてプライバシーポリシー
Copy right © INTERSTYLE Co.,Ltd All Rights Reserved.
Exhibitors Report INTERSTYLE magazine お問合せ INTERSTYLE トップページ