ウェブ全体から INTERSTYLEから
 COLUMN

surf columnSURF COLUMN 2016/6/1

COLUMN INDEX

岡崎友子
パタゴニアサーフィンアンバサダー。
海の前で生まれ育ったが、16歳でウインドサーフィンを始め、大学に入ってからマウイに通い、90年代にはウエイブ年間ワールドランキング2位、その他入賞多数。ウインドサーフィンの他にもスノーボード、カイトサーフィン、サップなども初期の頃から世界の情報を日本に紹介している。
現在もマウイをベースにカイトサーフィンとサップを中心に風と波を追いかけながら旅を続け、インスピレーションをもらった人たちや場所、出来事について記事を投稿したり、ツアーやイベントで自然と向き合える経験をシェアする活動を続けている。
1回目 2016/6/1 『Blowin’ in the wind (風に吹かれながらの旅生活)』
2回目 2016/6/15 『道具を智恵と技術におきかえて』
3回目 2016/7/20 『The Wave I Ride 自分らしい人生の波に乗るために』
4回目 2016/8/3 『Words of wisdom 師から頂いた言葉』

『Blowin’ in the wind (風に吹かれながらの旅生活)』


初めまして、岡崎友子です。
普段はマウイ島を拠点として日本にちょくちょく戻ってきてイベントやツアーをさせてもらったり
世界各地のワクワクさせてくれる場所を旅しながら
いろんな人から教えや親切をいただき、人生の素晴らしさ、地球のパワーを感じています。

いつも困るのは肩書きを聞かれた時です。
以前はウインドサーファーとして大会に出て世界を回っていたので
プロウインドサーファーと言えたと思いますが(自分では意識してませんでしたが)
今ではウインド自体はほとんどやってない。
かなりハマって海より熱心にやってる時期もあったスノーボードもここ4年くらいできてない。
カイトサーフィンとサップをメインにやってますがそれで生活しているわけでもない。
ではメインの収入である文筆業、翻訳業が肩書きかと言われると
とてもとてもお粗末で(変換ミスだらけだし)ライターです、なんて言えない。
(書いてる内容については人に伝えたい、感動した出来事など色々いい内容をピックしてるとは思ってますが笑)

いつかインタビューされた時、編集の方も困ってオーシャンアスリートをつけてあったことがありますが、
アスリートどころか体の故障だらけでメインテナンスができてないそれこそプロ意識ゼロだし、
めちゃくちゃ偏った筋肉でランとかバイク、有酸素運動は全てアウト。
そんなわけでなんだか全て中途半端ではありますが、
それでも海に、山に、仲間との交流、自然からの学びには真面目に取り組み、日々試行錯誤しています。


結局道具や場所が変わっても求めているものは一緒で、
パワフルな自然の中に身を置くことで感じられる自分のちっぽけさ、
自分の都合では動かない自然の仕組みの中に身を置いて、いやがおうにも謙虚にさせられる。
そしてその大きな自然の一部である自分を感じられることなんじゃないかと思います。

そういうときに自分が生きているんだーって実感できる喜び、
溢れ出てくる感謝の気持ちが私のエネルギー源なのです。


楽しいことはたくさんあります。私は旅も大好きです。
でもサーフィンでも遊びでも旅でもただただ気持ちよく、楽しく、
すべてがうまくいくだけではなんだか強く印象に残らないのはなぜでしょう?
トラブルの連続、お金がない貧乏旅行、
あるいは大嵐でサバイバルを強いられたような旅の方が思い出に残っているし、
「あのときはまいったよねー」と繰り返し話題にのぼります。
波もそう、アウトに出てきたら思ったよりパワーがあって怖かったとか、
リーシュが切れて帰ってこれないかと思った、
急にサイズアップしてビビった、でもなんとか乗れた一本、
あるいはドキドキしながら出て行っていつもよりプッシュしたセッションなどは
一生その波の細かいディテールまでハッキリ覚えている。
それは多分その瞬間瞬間自分の判断力、スキル、精神力、体力すべてが試され、
必死に頑張ったという充実感があるからなのかもしれません。

私たちは便利な道具、そして情報に甘やかされすぎていろんな能力を退化させつつあるように思うのです。
持っていたはずの感覚や直感を取り戻したい、偉大なる自然に対してタフであり、賢くありたい。
そのためにも常に自然のパワーが人間に勝ることを目の当たりにさせられる環境に身をおきたいと感じるのです。


私がちょっと怖いと思いながら少しずつでも大きな波に乗りたいと願い、
自分なりに努力するのはそこなのではないかな?と思います。
これって完全に自己満足。でもそれでいいんだと思います。
「私いいじゃん!頑張ってるじゃん!」って思えればそれで十分、それだけで十分、
人と比べる必要も人と争う必要もない。

自然の中に身を置けば置くほど、そのありがたみを頭でなく五感すべてで感じることができる。

だから、これからも山でも海でも大いなるパワーに抱かれてもみくちゃにされたり、
押しつぶされそうになりながらへこたれ、ビビりながらも
「精神力と体力をすべて絞り出して一生懸命頑張る」ことを楽しんでいきたいと思います。


ウインドサーフィンがうまくなりたくて風に吹かれてマウイにたどり着き、
その後も風と波に翻弄されながら、旅を続けている私ですが、
子供の頃初めて買った洋楽のレコード、ボブディランの『風に吹かれて』の歌詞同様、
未だに自分の人生の答え、なんて全く見つかってません。
そして、もしかしたら「そんなもの見つからないよ」っていうのが答えなのかも。


私たちの遊び場であり、学校でもある、海、そして母なる地球に感謝!
Mahalo ke akua


photo:jimmie Hepp


photo:jimmie Hepp



surf column岡崎友子
1回目 2016/6/1 『Blowin’ in the wind (風に吹かれながらの旅生活)』
2回目 2016/6/15 『道具を智恵と技術におきかえて』
3回目 2016/7/20 『The Wave I Ride 自分らしい人生の波に乗るために』
4回目 2016/8/3 『Words of wisdom 師から頂いた言葉』
COLUMN INDEX

2016/6/1 配信magazine

INTERSTYLE インタースタイル
(2017年2月展)
次回開催のお知らせ
SIA SNOW SHOW 「SIA SNOW SHOW」
2018年以降も
1月開催の続行を表明
城南島KIDS CUP2016 城南島 KIDS CUP2016
エントリー受付中!!
SHIKAHAMA SHIKAHAMAラクガキ隊
Art Show
【大柴裕介 x Hirotton】
HONEY ”HONEY”が
サーフィンライフを
サポートします!
Surf Column Surf Column
岡崎友子
『Blowin’ in the wind』
Skate Column Skate Column
冨田誠
『最終回のご挨拶』
Snow Column Snow Column
JT
『Snowboarding Life』
最新号はこちらから
2016/6/1発行
2016/5/18発行
2016/4/20発行
2016/4/6発行
2016/3/16発行
COLUMN INDEX
 以前のコラムはこちらからご覧ください
SURF COLUMNSURF COLUMN
岡崎友子NEW
2016/6/1 Blowin’ in the wind
TAMAO 5/18 4/20 4/6 3/16
Kuni Takanami 3/2 2/15 2/10 2/3
奈良英司 1/20 1/6 12/16 12/2
LION HEAD 11/18 11/4 10/21 10/7
小川啓 9/16 9/2 8/18 8/12
小川睦美 8/5 7/15 7/1 6/17
林順和 6/3 5/20 4/15 4/1
豊田泰史 3/18 3/4 2/16 2/10
佐藤弘一朗 2/4 1/21 1/7 12/17
鷹取義人 12/4 11/19 11/5 10/15
稲田邦匡 9/17 9/2 8/27 8/20
田原啓江 8/6 7/16 7/2 6/18
間屋口香 6/4 5/21 4/16 4/2
近藤義忠 3/19 3/5 2/17 2/12
SKATE COLUMN SKATE COLUMN
冨田誠NEW
2016/6/1 最終回のご挨拶
2016/5/18 ジョウナンスケーティン
2016/4/20 スケートボード
2016/3/16 カレーについて。
(スケートボードとの出会い)
AKI AKIYAMA 3/2 2/15 2/10 2/3
折原紀満 1/20 1/6 12/16 12/2
谷口昇太郎 11/18 11/4 10/21 10/7
森中一誠 9/16 9/2 8/18 8/12
高山零央 8/5 7/15 7/1 6/17
牧野雄太 6/3 5/20 4/15 4/1
菊池真吾 3/18 3/4 2/16 2/10
武石レオ 2/4 1/21 1/7 12/17
立石和 12/4 11/19 11/5 10/15
清水潤 10/1 9/17 9/2 8/27
才哲治 8/20 8/6 7/16 7/2
小川元 6/18 6/4 5/21 4/16
松井立 4/2 3/19 3/5 2/17
SNOW COLUMN SNOW COLUMN
JTNEW
2016/6/1 Snowboarding Life
2016/5/18 時代とともに
4/20 新時代スノーボードパーク&ボウル
2016/4/6 変わらない(変われない?)何か
川井龍二 3/16 3/2 2/15 2/10
MC Alee 2/3 1/20 1/6 12/16
柳田由人 12/2 11/18 11/4 10/21
石川敦士 10/7 9/16 9/2 8/18
河尻晋介 8/12 8/5 7/15 7/1
加治秀之 6/17 6/3 5/20 4/15
佐藤慎二 4/1 3/18 3/4 2/16
勝山尚徳 2/10 2/4 1/7 12/17

オカケン 12/4 11/19 11/5 10/15

丸山隼人(bubbles) 10/1 9/17 9/2 8/27
橋本貴興(Hassy) 8/6 7/16 7/2 6/18
Ranran.(山下継一) 6/4 5/21 4/16 4/2
南浦高志 3/19 3/5 2/17 2/12
COLUMN INDEX
 以前のコラムはこちらからご覧ください
メルマガ配信登録はコチラから
INTERSTYLEmagazine無料掲載ガイド
SOURCE
USNet
 
 
サイトマップFAQ会社概要(主催運営)リンクについてプライバシーポリシー
Copy right © INTERSTYLE Co.,Ltd All Rights Reserved.
Exhibitors Report INTERSTYLE magazine お問合せ INTERSTYLE トップページ