interstyle

INTERSTYLE 2020
開催:2020年2月18日(火) 〜 2月20日(木) 
会場:パシフィコ横浜詳細 »

アクセス

交通案内
宿泊案内

Youtubeチャンネル

INTERSTYLE MOVIE

コラム

内田美智子『第1回 自己紹介とボディボードの魅力』

2020/02/17 tag: 内田美智子

今回からコラムを担当させていただくことになりました内田美智子です。
先ずは私の事を自己紹介させていただきたいと思います。

現在日本から2年連続ワールドチャンピオンを出している日本のボディボード業界ですが、私は日本で初のプロボディボーダーです。
国内外で数々の戦歴を残し日本人女子として初めてパイプラインの8ftの波に乗って写真を残しました。

Uchida Michiko Photo

その当時、使っていた道具が総て輸入品だったので、女子が使えるものがほとんどなく、引退後、自分がほんとうに使いたいものを作りたくて ”プロボディボーダーがボディボーダーのためにほんとうに欲しいものを形にする” 有限会社バズコーポレーションを立ち上げました。現在では普通に使われている女子向きの小さいサイズのボードの”V-Bodyboard”や、今まで見なかったかわいい柄や綺麗な色をつけた小物たちの"PRIDE.mや”ZEBECフィン”など、オリジナルブランドを数多く手掛けました。明日から開催される"INTERSTYLE2020"会場のブースNo,643で実際のこだわりの商品をご覧になっていただけます。
ボディボードの魅力は手軽に男女、年齢に関係なく波に乗ることを楽しめることです。場所やコンディションに悩むことなく安心安全に波乗りが出来ることも楽しさのひとつです。
波に乗る楽しさをまずは手軽なボディボードで体験してみてください。

Uchida Michiko Photo

 

内田美智子プロフィール
有限会社バズコーポレーション代表取締役
国内外のコンテストで数々の優勝戦歴を築き、1991年に日本人初のレディスプロボディボーダーとなる。
その後、ブラジル、ハワイなど、日本人レディスとして初めて世界各国の試合に出場。その功績が認められ パイプラインのコンテストでは 唯一のインビテーション選手として日本人女性初のパイプライナーとなり、ビッグウェーブでのライディングフォトが世界にフォーカスされ、米誌“BODYBOARDING”において、“Most improved of bodyboarder”を受賞する。
その経験を生かし、雑誌“フリッパー”の創刊時から海外レポートやHow toなどライターとしても活躍。
引退後、1996年、プロとしての経験を生かし、本当に自分の欲しかったもの、ボディーボーダーが真に必要としているものを作りたいという思いから、“有限会社バズコーポレーション”を設立。
V-BODYBOARD・ZEBEC・BBS wetsuits・EAU wetsuits・・PRide.Mなど、数々のオリジナルブランドを開発する。スクール活動にも熱心で、日本各地で開催されるスクール“バズクリニック”や、湘南工科大学の非常勤講師でボディボードを教えるなど、普及活動にも常に力を入れている。
また、ソフトボードのパイオニアとして現在幅広い分野のアイテムを誇るソフトサーフボード”STORRMBLADE”の日本代理店として展開している。

 

INTERSTYLE magazine

INTERSTYLE magazine

2020/3/18 配信

INTERSTYLE movie(インタースタイルムービー)収録動画公開中です!

2020/03/18

ザ・サーファーズジャーナル日本版 9.6号発売中!!

2020/03/18

Goes Windyが全てモノトーン描いた新作を発表

2020/03/18

EARTH FREQUENCIES by OZZY WRONG リリース

2020/03/18

COLUMN

COLUMN

SURFCOLUMN

内田美智子

「第3回 進化続けるソフトボード PART2」

SKATECOLUMN

齋藤孝吉

「第1回 アナログ時代だった中学生日記」

SNOWCOLUMN

堀井優作

「第2回 ヒトニギリノイナリ」