interstyle

INTERSTYLE 2020
開催:2020年2月18日(火) 〜 2月20日(木) 
会場:パシフィコ横浜詳細 »

アクセス

交通案内
宿泊案内

Youtubeチャンネル

INTERSTYLE MOVIE

コラム

齋藤孝吉『第1回 アナログ時代だった中学生日記』

2020/03/18 tag: 齋藤孝吉

さて、時代は80年代後半です。
上下ジャージ姿の中学生の私がスケートボードに出会った瞬間です。
学校のジャージ姿でスケートボードしてる中学生なんて…今、居るんでしょうか。そんな中学生時代を今回はサラッと書いてみたいと思います。

当時はスケートする約束の連絡手段が家の黒電話しかなくて、友達の家に電話して、大体、親が出るスタイルが定番。このワンクッション、同じ世代の方は知ってますよね。
当時は今みたいに携帯なんてものはないし、インターネット、ポケベルもない時代だったから"約束"する手段が大変でした。直接友達の家に行ってインターホン押して確認をとるとか…正にアナログ時代です。

地元でスケートしてる先輩をたまたま見つけて恐る恐る声を掛けて、スケート教えて下さい!って言って教えてもらったりしてました。コミニティーなんてありゃしない。スケートボードの情報なんて全くない時代。トリックなんてチクタクしかないかと思ってました。
情報が少ない中、唯一、一緒にスケート友達が持ってたスケート雑誌、"ラジカルスケートブック"でした。中学生だった俺らは、昼休みにこの雑誌を見てブチ上がってた記憶があります。YouTube?そんなのないない!インスタ?そんなのもないない!
何ヶ月も遅れて入ってくるUSからのビデオを腐るほど観てスローにしたり、一時停止したりしながら友達と切磋琢磨しながらスケートをしてた時代でした。まあ、ビデオも買えないから、近くのサーフショップに行ってビデオ観せて下さいっていって見せてもらってました。スケートショップなんて全くない時代でしたからね。宝島から出てたビデオ、ラジカルスケボーズも最高のバイブルでした。

Saito Takayoshi Photo

田舎に住んでたからデッキを買いに行くのも旅みたいな感じで、朝早く起きて、電車で2時間くらいかけて、原宿のstormyまで買いに行ってましたね。
正にそこはスケートパラダイスでした。見るもの全てが新鮮で欲しいものだらけ…。ヨダレもんでした。大体、月に一回行けるか行けないかの感じでstormyには行ってたかな〜。
千葉から来たって言うと、社長さんが沢山のステッカーをくれて、そのステッカーをデッキに貼りまくってましたね。
ここに来れば雑誌に載ってる憧れのライダーに会えたり、当時は、明治公園?か忘れたけど、ジャンプランプをみんなで運んで、セッションして、凄い下手くそだった俺らはかなり刺激を受けて、地元に帰ってめちゃくちゃ練習してました。
憧れのスケーターが目の前でジャンプランプ飛んでるの見て、俺も絶対にこんな風になりたい!プロになりたい〜って強く感じた瞬間でしたね。
その時滑ってたのが、川村サトシ君とかヨッピー君でしたね。めちゃくちゃ刺激受けまくりでした。
インターネットもない時代ですから、兎に角、現場に行くしかなかったんです。お店に行って、いついつに何があるって言う情報を聞いて、現場に行くスタイル。中学生でしたが、新聞配達しながら、そのお金を握りしめてスケートライフを満喫させてました。

今回はここまでにしときますっ。
続きはまた次回に!

 

齋藤孝吉プロフィール
千葉県市原市生まれ。1988年にスケートボードと出会う。1995年にAJSA公認プロとして活動。1997年に千葉を拠点に活動していた伝説のチームMILDからビデオをリリース。その後アパレルブランドにて長きに渡りスケートボードチームマネージャーとして活動し、国内外のツアーやデモやコンテストなどをオーガナイズしてきた。
2017年より気まぐれ且つ自己満足でスタートさせた自身のブランド「ASHURAX WHEELS」を運営。
30年以上のスケートキャリアと経験豊富な知識をこのashuraxwheelsに落とし込み自己満足で楽しんでいる。
Sponsor:
世界で活躍している若手ナンバーワン揃いの最強デッキブランドHibrid skateboardsに所属。
20年の腐れ縁で温かく見守って頂いているDVS shoesに所属。
千葉の中心、富士見町から愛を叫び続けているメチャクチャイケてるセレクトショップ12stadiumに所属。

 

INTERSTYLE magazine

INTERSTYLE magazine

2020/3/18 配信

INTERSTYLE movie(インタースタイルムービー)収録動画公開中です!

2020/03/18

ザ・サーファーズジャーナル日本版 9.6号発売中!!

2020/03/18

Goes Windyが全てモノトーン描いた新作を発表

2020/03/18

EARTH FREQUENCIES by OZZY WRONG リリース

2020/03/18

COLUMN

COLUMN

SURFCOLUMN

内田美智子

「第3回 進化続けるソフトボード PART2」

SKATECOLUMN

齋藤孝吉

「第1回 アナログ時代だった中学生日記」

SNOWCOLUMN

堀井優作

「第2回 ヒトニギリノイナリ」