interstyle

INTERSTYLE 2020
開催:2020年2月18日(火) 〜 2月20日(木) 
会場:パシフィコ横浜詳細 »

アクセス

交通案内
宿泊案内

Youtubeチャンネル

INTERSTYLE MOVIE

INTERSTYLE magazine

VOLCOM BRAND JEANS GET “WATER AWARE”

2019/08/21
tag: VOLCOM,
tag: VOLCOM,

VOLCOM BRAND JEANS GET “WATER AWARE”

ユースカルチャーのクリエイティブな精神を体現するモダンライフスタイルブランドであるVolcom(ボルコム)は、メンズ、ウィメンズ、キッズ向けデニムコレクションの節水プログラム“WATER AWARE“を発表しました。

Volcomのサスティナビリティ探求の重要な節目であるこの“WATER AWARE”は、デニムの製造における節水ウォッシュ加工および仕上げプロセスを特徴としており、従来の工程より、デニム1本あたり平均13リットルの水を節約できます。

デニムはブランドの中の大きなカテゴリーの1つです。したがって、よりサスティナブルな材料とプロセスを実行しながら焦点を合わせるべきカテゴリーであることを意味します。1本のデニムを製造するのに必要とされる水の使用量を評価した後、Volcomチームは水の使用効率を上げるために、ウォッシュ加工と仕上げ工程の段階で使用される水量を特定しました。

Volcomのグローバル・デザインディレクターである“JJ Gonzales”と製造チームは、工場パートナーと共同で、酵素とオゾンのウォッシュ加工および仕上げ技術を採用しました。さらにVolcomチームは、これまで分かれていた水使用サイクルを1つのプロセスにまとめ、水とエネルギーを大幅に節約しました。Levi’s社が開発したWater <Less™の技術に触発され、その「オープンソース:ウォーターイノベーション」ガイドを使用しています。2019年の残りの間に、水の使用量を40%削減し、推計約400万リットルを節水できる見込みです。同時に、Volcomは他のブランドにもこれらのベストプラクティスを採用するよう奨励しています。

Volcomの“WATER AWARE”プログラムも「ストーンレス」です。(従来のストーンウォッシュ加工を見直す取り組み)
つまり、デニム製造におけるウォッシュ加工の段階で、軽石を使用しなくなります。この取り組みにより、水の使用量の削減、廃水の清浄化、軽石を採鉱するための重機の使用がなくなり、全体的なエネルギー消費量が削減されます。またVolcomは、仕上げ技術としてレーザー加工を採用しています。これもまた、環境への影響を減らすことへの積極的な貢献と言えるでしょう。 

Volcomのグローバル・デザインディレクターである“JJ Gonzales”は、次のように述べています。
「私たちのデニムの一部のウォッシュ/カラーでは、最大35リットルの節水を実現しています。“Medium Blue”と“Blue Swift”カラーは、製造工程で大幅に節水することができたウォッシュの一例です。それは素晴らしいことであり、私たちはこの成功を基盤にして、さらに大きなインパクトを生み出していけることに興奮しています」 

この“WATER AWARE”プログラムは、公正労働協会の認定や、オーガニックコットン、REPREVE®のヘンプ繊維、Econyl®のリサイクル繊維などのサスティナブル素材の導入に続く、倫理的およびサスティナビリティへの取り組みのネクストチャプターです。Volcomはこれに献身的に取り組み、すでに“WATER AWARE”プログラムを採用した多くのウォッシュ/カラーを追加しています。デニムの終身にわたるライフサイクルのさまざまな段階を通して、他の節水方法を模索し続けています。

Volcomの“WATER AWARE”デニムや、その他の環境に優しい製品はVolcom.jpで購入可能です。

詳しくはこちら


お問合せ
VOLCOM JAPAN
https://www.volcom.jp/

INTERSTYLE magazine

INTERSTYLE magazine

2020/3/18 配信

INTERSTYLE movie(インタースタイルムービー)収録動画公開中です!

2020/03/18

ザ・サーファーズジャーナル日本版 9.6号発売中!!

2020/03/18

Goes Windyが全てモノトーン描いた新作を発表

2020/03/18

EARTH FREQUENCIES by OZZY WRONG リリース

2020/03/18

COLUMN

COLUMN

SURFCOLUMN

内田美智子

「第3回 進化続けるソフトボード PART2」

SKATECOLUMN

齋藤孝吉

「第1回 アナログ時代だった中学生日記」

SNOWCOLUMN

堀井優作

「第2回 ヒトニギリノイナリ」