interstyle

INTERSTYLE 2020
開催:2020年2月18日(火) 〜 2月20日(木) 
会場:パシフィコ横浜詳細 »

プレス

ロゴ・写真

アクセス

交通案内
宿泊案内

Youtubeチャンネル

INTERSTYLE MOVIE

コラム

美谷島豪『第4回 時空を超えて』

2018/12/05 tag: 美谷島豪

biyajima go photo

不思議な夢を見た。夢の中で目を閉じたらそこは無限エネルギーのトーラス(地球の磁場の形)の中で、白黒のチェック柄がグルグルと巡っていた。その上でただピエロが踊っていた。こっちを見てる。かと思ったらトーラスは消えて、いつの間にか友だちとポーチにイスを並べてコーヒーを飲みながら音楽を聴いていた。ポーチの中は普通だったが、周りの山の景色はドラえもんのタイムマシンに乗った時のように高速で動いていた。そのまま時空を超えて、とてもハッキリした感覚のまま初めてのMt.Bakerに来ていた過去に戻っていた。リアル過ぎてタイムスリップしたかのようだった。

いやーハンパなく金使った もっと節約するべきだった
でもものすごい 体験 表現 冒険
スペースニードルなんて知らなかったし シアトルでせびられまくった2ドル
ドブ臭い裏路地の雑踏 後で知った路上のクラック
目を潤ませたホームレスが見つめる月が映る水たまり
周りのシケモクは拾い尽くされていた
苔むした木 石 緑色に染まる視界 深い森と人
Powder!! Deep Deep! Cliffs!
ガケからアイスバーンまでまくられつつ
スラブと横滑り 転倒
チョコブラウニーかマフィンの選択

ひとりで滑る午前中 サッカー!
光と雪 風 ノールふくらみへこみくぼみ 縦スジ 爆弾の残像 アバランチの想像
よく会う人 待っても会えない人 ヒッチ乗せてくれた人 リフト連続で一緒になった人 今日は仕事中のパトロールの友人
パウダーを探して頑なにチェア6に乗って攻めて
後悔しないように 何度も乗って
踏み留まって 飛び降りたらアレっなんてことばっかで オチてもオチてもオチつかない
労力と金 昼飯の準備 食器の片付け 持ち物チェック ちょっとRelax Coffee 鳥の声 朝の陽 1分と待たないヒッチハイク 犬の毛だらけ
一期一会と謎の音楽 クラシックVHSたち
360°見渡す限り山 ここが地球の北米ノースカスケーズ
いつも雪はウェッティで 道路では石が飛んでる
こっちに来て2度目の満月 ギラギラギラつく双子座
犬は縄を拒んでる 人間も例外じゃなく実際放し飼い
自炊もするけど 外食もしてる 即ち是れ 食ってる 吐いてる
ここは電波もない国定公園の近く ゲート付きの林のなか ワールドネバーランド 苔むした森
ヒッチハイクは習慣になっていたが 毎回の出会いは新鮮なものだった
トランクの中もしばしば居心地が良かったり
つまりサンクチュアリィ in America..

biyajima go photo

biyajima go photo

様々なシーンが走馬灯のように出てきたと思ったら、今度はパープルさんが興奮して俺に話しかけている

『このモンタナのスキー場 シーズン券が220ドルだぞ!しかもモンタナとアイダホのスキー場の割引き特典付き!』
パープルさんは遊びにも本気を出すタイプ

『Look Out Passスキー場とか言って めっちゃ景色良さそうじゃん 見てほらピークから360°滑れるよ』
小さいスキー場だけど、独立峰まるまる

『ここ人も少なそうじゃん おれ景色いいとこゆっくり滑りたいわー』
パープルさんはぶっとくて強い それでいて繊細な人だ 

『レンタカーして途中SharkSnowSurfのTimさんちに寄って行こう』
シャスタ山、レブンスワース、東ワシントンの大草原、アメリカ広いなー!

『おー見てこれ時差あるやん』
三日かけて辿り着いたルックアウトパススキー場。レストハウスにモンタナとアイダホの2つの時計が掛かっていた。いつかの積雪記録の賞状みたいなのもあった。

『とりあえず滑りまくろうぜ』
土を削って両側2mくらいの壁が続いているコースが100mくらいスネークしながら作ってあって、30cmの積雪でもめちゃくちゃ遊べる。全部のスキー場にあればいいのに、、と思った。

『いや、もっと背中を倒して、、』
カービングをバチこり決めながら、上から下までハイスピードで滑り降りるパープルさんは地元のオッチャンたちの人気者になっていた。
「滑り上手いなあ!」
「あのヒールサイドターンはどうやってやってるんだ?」
パープルさんは英語ペラペラなので、しっかりレクチャーしている

『いっぱい滑ったな、モンタナにある温泉行こうぜ』
『プルドポーク食べようぜ』
『Silver Mountainスキー場行ってみようぜ』
『Mullanのピザ屋最高!』
『湧き水発見!』
『スケボーしちゃいけない場所なんてとこどこにもないんだよ』
『アルパカウールのセーター!これは買っといた方がいい』
『お前ヒールサイドが変だな』

パープルさんはアツい!

biyajima go photo

目が覚めた

 

追伸 全4回拙い文章にも関わらず、コラムを読んで頂いてありがとうございました。私事ですが今年、子どもが生まれました!豪とユキコ(おばあちゃんも雪子)なので、あとは『ヒカリ』だなあと思っていたら却下され、結局同じ意味を持つ 燦(サン)という名前になりました。ちょっと難しいですが、これを機に漢字を覚えてくれたらこれ幸い!
次のヨコノリコラムニストはよく一緒に滑っている菅平のDIY先生、Green.Labでも241でもチームメイトの齋藤哲さんです!お楽しみにっ!

biyajima go photo

 

美谷島豪プロフィール
1988.05.05 北信エリア グーフィー
Result:
2017 Freeride World Qualifier Hakuba 4位
2018 FWQ Hakuba 7位 / Tenjin Banked Slalome 9位 / Japan Freeride Open 16位 / FWQ Arai 1位
Snowskate Result:
2017 第一回全日本スノースケートクロス選手権 1位
2018 第一回 Seki Onsen Banked Slalome 1位
「スノーボー道」を突き詰める求道者のひとり。
山に精通した父親の影響で、元旦飯綱登山や毎年1月3日には、家族でクロスカントリーを履いて戸隠の奥社へ参拝するのが恒例行事で、自然と密接に成長してきた。加えてベースである長野”CITY”での生活と遊び、これらの要素が絶妙なバランスでミックスされている。
ニュージーランドで滑り続ける夏を6度メイクし、スティープな斜面を滑るために北米への旅も実行する。地元エリアだけに留まらず、スノーボードに没頭する"時間"と得られる"経験"を貪欲に求め続けている。
スポンサー:Green.Lab snowboard, 241, Electric, Ride snowboard boots, HIDRasox, Verts, Squampton Snowskates, onedeck

 

interstyle MAGAZINE

INTERSTYLE magazine

2019/6/19 配信

インタースタイル 2020年2月展 出展者募集中!

2019/06/19

MURASAKI SPORTS FIRST CHALLENGE ボディボード体験会 supported by AQA

2019/06/19

今週6/21(金)はGo Skateboarding Day

2019/06/19

COLUMN

COLUMN

SURFCOLUMN

堀越力

「第4回 波乗り上達方法」

SKATECOLUMN

芳田純平

「第2回 OSAKA DAGGERS」

SNOWCOLUMN

古川太郎

「第4回 Respect MT BAKER」