interstyle

INTERSTYLE 2020
開催:2020年2月18日(火) 〜 2月20日(木) 
会場:パシフィコ横浜詳細 »

プレス

ロゴ・写真

アクセス

交通案内
宿泊案内

Youtubeチャンネル

INTERSTYLE MOVIE

コラム

堀越力『第2回 色々な乗りもの』

2019/05/15 tag: 堀越力

Horikoshi Riki photo

今回はサーフボードについて触れたいと思います。
サーフィンといえば「ショートボード」だったり、「ロングボード」「ボディーボード」というボードが一般的に知られていたり経験したことがある人が多いと思う。
ボードは長さ、幅、厚み、テール形状を基本的にいじったりすることが出来る。
その人の体重、身長、レベルに合わせて作る。
さらには、波のサイズに合わせて小波用ボードだったり、ビッグウェーブボードだったりを作ることもある。
ボードは本当に波乗りをするにあたって一番大事で大切なものなので、スキルのレベルアップと同様にボードへの知識だったり、こだわりも追求して行かなければ行けないと思う。
ボードってなぜか、全く同じサイズで作ったとしても毎回乗り心地が違う。
それは作る人によって全然違うボードが出来るということに気がついた。
ボードは一本、一本人の手で作られたり、マシーンで作られたり
違う国で作られたり、違う素材を使って作られたり。
本当にそのメーカーのボードの味が出ているというか、良さが出るというか。
毎回新しいボードが出来ると、ワクワク感だったり嬉しさだったり
今でも初めてボードを手にした時と同じ気持ちになります。

僕は最近、波乗りを追求したいと強く思い。
ショートボードはもちろん。
SUP、レースボード、フォイルボードだったり色々なボードに乗るようになりました。
どれも、波のサイズ、コンディションによって使い分けたりしてやっています。
本当に色々なボードに乗るということは楽しいです。
海では色々なボードを乗る人たちが譲り合いだったりルールを守って、より楽しいサーフィンライフが過ごせるようにと思っています。
これからも、僕は色んなボードに乗りもっともっと色んな波を乗って行きたいです。

 

堀越力 プロフィール
湘南鵠沼海岸出身のプロサーファー。
サーフィンとサップサーフィン日本代表選手にも選出されており、日本では数少ない二刀流サーファー!!!
両方で世界を目指して、ツアーを転戦している。
戦歴
NSA 全日本級別選手権大会 1級 優勝
NSA オールジャパングランドチャンピオンゲームス 優勝
JPSA 伊豆下田プロ 4位
SUPA 全日本選手権大会 二連覇
ISA SUP世界選手権大会 5位

 

interstyle MAGAZINE

INTERSTYLE magazine

2019/6/19 配信

インタースタイル 2020年2月展 出展者募集中!

2019/06/19

MURASAKI SPORTS FIRST CHALLENGE ボディボード体験会 supported by AQA

2019/06/19

今週6/21(金)はGo Skateboarding Day

2019/06/19

COLUMN

COLUMN

SURFCOLUMN

堀越力

「第4回 波乗り上達方法」

SKATECOLUMN

芳田純平

「第2回 OSAKA DAGGERS」

SNOWCOLUMN

古川太郎

「第4回 Respect MT BAKER」