interstyle

INTERSTYLE 2020
開催:2020年2月18日(火) 〜 2月20日(木) 
会場:パシフィコ横浜詳細 »

アクセス

交通案内
宿泊案内

Youtubeチャンネル

INTERSTYLE MOVIE

コラム

古川太郎『第3回 北陸、Hokuriku』

2019/06/05 tag: 古川太郎

3回目です、どうぞよろしくお願いします。

今回は自分の生まれた富山を含む北陸エリアの自慢をしたいと思います。
北陸エリアは富山県、石川県、福井県の日本海に面したエリアです。海と山の距離が近く日本海の湿った重い雪が特徴です、しかし3,000m級の山脈が沢山ある北陸エリアは標高を上げれば良い雪にたどり着きます。それは日本海に沈む夕焼けを眺めながら滑るなど贅沢な時間などがあります。

2018年1月福井県を中心とし北陸に爆弾低気圧が来た!こんなチャンスはないと思っていたら丁度オカケンシネマの岡ケンさんとコンタクトを取り合っていたタイミングだったので、岡ケンさんと北陸で一番西にあるスキー場で滑ろう!と言う事になりゲレンディングの北陸旅が始まりました。さっそく海沿いは吹雪による交通マヒが始まっていたので内陸、岐阜から周り福井に抜ける事にしました、途中岐阜と福井の境目にある九頭龍スキー場を滑りましたが、案の定溺れるくらいの非圧雪をもがき滑りました。良い経験になりました。

 Furukawa Taro photo

翌日、吹雪が弱まり無事今庄365スキー場に着き、楽しい地形とフレッシュな新雪を楽しみました、ありがとうございました。#ゲレンディング#okakencinema

北陸は冬型の低気圧がやって来ると日本海にも波がやってきます、北陸地方はサーフィンとスノーボードが同じタイミングでできるチャンスがあり、また間にスケートボードを挟めば一日中板に乗っていられます、それをこなすのは中々の体力と高いモチベーションが必要です。是非一度お試しください。

富山は海から2000mくらいの山まで近い所だと20キロ圏内なので移動も楽チンです。途中お腹が空けば季節物の魚介類などを食べるのがおススメです。春は山菜、ホタルイカなどが取れます、ホタルイカは新月の日に良く湧くと言われています、それは新月の暗さで地面と空の境目がわからなくなり湧き上がってくると言われています。四月の新月チャンスです。朝一ホタルイカ採ってからの立山スノーボードもいいですね、ホタルイカを行動食に歩くのも良いですね〜。

立山エリアは長くて夏至の時期もスノーボードができます、一年の半年はスノーボードができます。旧スキー場の跡地に夏でもジャンプの練習できる施設もあります、暑かったらウォータージャンプもできます、一年中板に乗れる環境を作ってくれている先輩方には感謝です、

こんな環境で育った自分ですが、スノーボードを通じて本当にすごい人や面白い人に沢山出会えています。いつもの事ながらスノーボードありがとう、と文章を打ち込みながら思いました。

 Furukawa Taro photo

読んでくれた皆様ありがとうございました!
次回最後です、お時間あればよろしくお願いします!!

 

古川太郎プロフィール
1985/03/16
富山県中新川郡立山町 出身、在住
特技:ミシン、帽子作り、家修理
スポンサー:Pranapunks / deeluxe / Union / HID / Make / Flaretent&jeep / Bushheadgear 

 

INTERSTYLE magazine

INTERSTYLE magazine

2020/3/18 配信

INTERSTYLE movie(インタースタイルムービー)収録動画公開中です!

2020/03/18

ザ・サーファーズジャーナル日本版 9.6号発売中!!

2020/03/18

Goes Windyが全てモノトーン描いた新作を発表

2020/03/18

EARTH FREQUENCIES by OZZY WRONG リリース

2020/03/18

COLUMN

COLUMN

SURFCOLUMN

内田美智子

「第3回 進化続けるソフトボード PART2」

SKATECOLUMN

齋藤孝吉

「第1回 アナログ時代だった中学生日記」

SNOWCOLUMN

堀井優作

「第2回 ヒトニギリノイナリ」