interstyle

INTERSTYLE 2020
開催:2020年2月18日(火) 〜 2月20日(木) 
会場:パシフィコ横浜詳細 »

アクセス

交通案内
宿泊案内

Youtubeチャンネル

INTERSTYLE MOVIE

コラム

中尾正明『第3回 ジムニーボード』

2020/02/05 tag: 中尾正明

nakao masaharu photo
photo Eiichi Takeuchi

スノーシーズンも中盤になりました
来期のアイテムが発表され出す時期なのでなんだかソワソワ気になりますね
スノーボードではパウダーに特化した形やらパークに特化した形などもあり、その中でもアウトラインや材料が違ったりといろいろな形をしたスノーボードがリリースされてます
他のギアでも様々な種類がリリースされているので"これ"っと決めるのは難しくなってます
今回は山陰側に合うと思われるギアを私なりに経験を交えながらコラムにしていこうと思います
日本海側で雪は降りますが気温は高めな山陰は極上のパウダーは降ったその日くらいで1日経つとすぐに沈んでしまう傾向があり、湿度が高いためにしっとりとしている傾向な気がします
例えると粉雪の後、日にちがたってもさもさしたビンテージパウダーがこちら側ではパウダースノーとして表現しているような感じかな、と思います
なので、湿気、底冷えに対応できるギアがおススメですね
ウェア、グローブだとGORE-TEXの物がやはり重宝されます
最近ではストレッチ機能があるウェアもリリースされているので個人的にはそちらも気になります
スノーボードは小回りが効いて足の間が柔らかめキャンバー1ミリくらい
細かいことになりましたがこちら側のバックカントリースノーボードは木の間隔が狭いので小回りが効いた方が良いと思います
全体的に山肌を包むような雪の着き方、理想です
山陰は白馬、天神平の様な雪の着き方はまずないです
大山ではいきなりカリカリバーンになるのは想定しておきましょう、うっすら出てる岩にも気をつけましょう
そのほかのツリーランでも気温差が激しく、絶対的な雪の量が少ないためハイシーズンでもデブリや埋まりきらない倒木が出現します
なのでその様なトラップに対応ができるよう、大山の上のはスピード調整とエッジコントロールがシビアになり、ツリーの間隔が狭い中ハイスピードはあまり出せなく岩やデブリを避けやすいように柔らかめの小回りが効いて浮力を持たせながらいきなり現れるカリカリバーンを攻略できるようキャンバー1ミリくらいの、、、
ザッと書きましたが、私は山陰ではこのようなボードが好きですね、車で例えるならジムニーですよ
正直、こちらでガンガン滑っているとパウダーで有名な所に行くと滑りやすい感覚になります、間違いないです

その土地、その環境で雪の量や質が全く違うのでそれぞれがその土地に合ったギアを見つけてスノーボードを楽しむ
こと
それが理想です

 

中尾正明プロフィール
スノーボード、サーフィン、スケートボードを自然のリズムに合わせて楽しむ日々を過ごしている
サポート by
TJbrand.REVOLT.AFDicegear.adidas.friends.crew. family

 

INTERSTYLE magazine

INTERSTYLE magazine

2020/3/18 配信

INTERSTYLE movie(インタースタイルムービー)収録動画公開中です!

2020/03/18

ザ・サーファーズジャーナル日本版 9.6号発売中!!

2020/03/18

Goes Windyが全てモノトーン描いた新作を発表

2020/03/18

EARTH FREQUENCIES by OZZY WRONG リリース

2020/03/18

COLUMN

COLUMN

SURFCOLUMN

内田美智子

「第3回 進化続けるソフトボード PART2」

SKATECOLUMN

齋藤孝吉

「第1回 アナログ時代だった中学生日記」

SNOWCOLUMN

堀井優作

「第2回 ヒトニギリノイナリ」